歯を失ってしまった(入れ歯)・口のなかがおかしい(口腔外科)|東川口の歯科医院「モアナ歯科クリニック」

歯を失ってしまった(入れ歯)・口のなかがおかしい(口腔外科)

失った歯を補う入れ歯・ブリッジ

東川口の歯科医院「モアナ歯科クリニック」では、歯を失った後の処置として入れ歯治療、ブリッジ治療やインプラント治療を行っております。こちらのページでは、当院が取り扱う入れ歯とブリッジをご紹介します。

歯を失ってしまったら……

事故や病気などで失った歯をそのままにしておくと、歯並びが乱れたり、咬み合わせが悪くなったりといったトラブルにつながります。歯を失ったら、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの補綴物(ほてつぶつ)が必要です。抜けたままにしてある歯がありましたら、当院へご相談ください。

入れ歯メニュー

保険の入れ歯

[画像]保険の入れ歯

歯科用プラスチックを使った入れ歯です。慣れるまでは痛みが起きることもありますが、他の入れ歯に比べ費用が格段に安価なので、経済的な入れ歯をお求めの方にはおすすめです。しっかりメンテナンス・調整すれば長期に渡って使用できます。

金属床

[画像]金属床

金属でできているため、頑丈で壊れにくい入れ歯。食べ物の温かい、冷たいという温度を感じやすいため、毎日の食事を楽しめます。さらに、装着時の違和感が少ないといったメリットもあります。

スマイルデンチャー

[画像]スマイルデンチャー

金属バネのない部分入れ歯。入れ歯をつけていることを周りから気づかれにくく、自然な見た目が実現します。歯ぐきにぴったりとくっつくため残った歯への負担が少ない点も特徴です。

マグネットデンチャー

[画像]マグネットデンチャー

磁石で固定する入れ歯。取り外しが簡単なうえ、安定感もあります。神経のない歯にしか磁石を埋め込めないので、神経を取り除く必要があります。

【料金表】

メニュー名 料金
金属床(チタン)入れ歯 350,000円(+税)
金属床(コバルトクロム)入れ歯 300,000円(+税)
スマイルデンチャー(バルプラスト)入れ歯 150,000円(+税)
マグネットデンチャー(磁石)入れ歯 要相談

ブリッジメニュー

ブリッジとは、失った歯の前後の歯を土台にして、橋を架けるように人工歯を装着する治療法。複数の歯によってしっかりと固定できるため安定感があります。以下では、ブリッジ治療で使われる素材をご紹介します。

オールセラミック

金属不使用の素材。本物の歯のような自然な見た目を実感できる。変色も起こりにくく、きれいな見た目を長く維持できる。

メタルボンド

金属のフレームの外側にセラミックを使用した素材。裏側から少しだけ金属部分が見える。外側にセラミックを使っているので自然なツヤを実感できる。

レジン前装冠

歯の表面に白いレジン、裏側にあるフレームに金属を使用した素材。裏側からは金属部分が見えてしまう、適用箇所が少ないなどの欠点もあるが、適用箇所が少ない。保険適用なので、比較的安価に治療することができる。

口腔内の様々なトラブルを解消する口腔外科

東川口の歯科医院「モアナ歯科クリニック」では、多様な外科処置に対応しております。大学病院での勤務経験があるすぐれた技量の歯科医師が対応いたします。また、当院では、麻酔が必要な処置は専属の麻酔医が対応。可能な限り痛みの少ない処置を行います。

対応可能な診療

当院が対応している処置をご紹介します。下記以外の病状でも対応できる場合がございます。もし、当院での処置が難しい場合は、幅広いコネクションをもとに、すばやく専門医にご紹介いたします。お気軽にご相談ください。

親知らずの抜歯

親知らずは、磨き残しができやすいためむし歯や歯ぐきの炎症の原因になりますし、親知らずが隣の歯を押すことで歯並びが乱れるリスクもあります。周囲の歯の健康を損なう恐れがないか確認した後、抜歯が必要な場合は、年間2000件以上の親知らず抜歯経験を持つ口腔外科専門の先生が抜歯。豊富な経験を生かし、スムーズに処置いたします。「親知らずの治療で頼りになる病院はないかな……」とお探しの患者様はぜひ当院へお越しください。

顎関節症

口をあけるとあごが鳴る、あごが痛い……これらの症状は顎関節症かもしれません。顎関節症はあごの関節や靭帯に不調が起こり、あごの開け閉めができにくくなる病気。放置しておくと、あごの関節が炎症を起こしたり、口を大きくあけられなくなったりします。

口腔ガン

唇にできる「口唇ガン」、舌の「舌ガン」、歯ぐきに起こる「歯肉ガン」などお口の中にガンが発生することがあります。治療しても治らない歯ぐきの腫れや出血は口腔がんの可能性があります。特にぬぐってもとれない白い病変は要注意です。大学病院で口腔がん治療を専門に行ってきた先生が状態を確認いたします。

口腔内のできもの

歯ぐきにできるできもの「エプーリス」など、口腔ガンではなくても外科的な処置が必要になることがあります。口腔内のできものは早めの処置が必要です。

怪我や骨折・再植・外傷・炎症

転ぶ、壁にぶつかるなど、衝撃を受けたことで、歯がかけたり、あごがしびれたり、あごが痛んだりすることがあります。

実は衝撃による症状は痛みや痺れだけではありません。気がつかないうちに骨折していることもあるので、注意が必要です。

唾液腺疾患

唾液腺や唾液が通る管に唾石という結石ができる病気「唾石症」や、口が乾く「口腔乾燥症」などの治療も行っています。

口腔粘膜疾患

口腔内の粘膜に異常をきたす「口腔粘膜疾患」の治療を行っています。白い角質が付着する「白板症」、痛みや味覚障害が起こる「口腔カンジダ」なども治療いたします。

神経疾患

咀嚼する際、舌やのどが痛くなる「舌咽神経痛」、顔面神経が麻痺する「顔面神経麻痺」などお口周りの神経疾患。お口の周りを思うように動かせなくなり、食事や呼吸がしにくくなることも。体全体へ悪影響をもたらすこともあります。

神経疾患は症状がひどい場合は、神経疾患を専門とする医師による治療が必要です。上記のような症状がありましたら、専門医に相談されることをおすすめします。

↑